溶けていくなにか

崩れていくなにか

波のように押し寄せるもの

私の中にふつふつと湧き上がるもの

 

練り上げて 崩して ふわりと整え 膨らむ

放つ 結ぶ の繰り返し

 

花の香りよ 飛んでいけ

好きな人が私の名前を呼んでくれたらいいのに

 

私もあなたの名前を呼ぶから

私の名前を呼んでほしい

きっと誰よりも早く振り向くから

誰よりも心地好い メロディーになるから

 

あなたが私に微笑んでくれたらいいのに

きっと明日も未来も明るくなるから

 

なまえと祖父と花

自分の名前のこと、小学生のころ思ったのは古い名前みたいで、嫌だと思った。

「○○子」という名前ではなかったけれども、好きではなかった。地味な名前だと思っていた。祖父が考えたからしょうがないと思っていた。

けれど最近はしっくりきていて、祖父は習字の先生もしていたものだから、漢字の意味もよくわかっているんだなと思った。

 

「芳」

 

芳しい(かんばしい)

香りが良い

芳醇 香りが発散する

 

品があるなと思った。私自身、花は数えられる程度しか知らないけれど、歩いているときによく花に目が付いたり、花を見ると気持ちが潤う。祖父母は花がとても好きで、花をよく庭にやって育てていた。

 

名前のような品がある人間になれているかはわからないけれど、そんな人になりたい。

そうなっていきたい。

 

私の中で変わらないことは、

 

相変わらず季節に敏感にいたい

 

私にぴったりな名前なんじゃないかなって思った。名前ってすごいね。

自分の名前が好きって言えるようになって良かった。

 

祖父とは物心ついて私自身も大きくなって、あまり話さなくなった。何を考えているか分からなかった。寡黙でよく本を読んでいた祖父、習字は特に厳しかった。そこからあまり祖父のことをよく思えなかった。(私は褒められて伸びるタイプだから。)

祖父のことを思い出してみた。

映画も好きで、絵の模写も上手だった。

海外にスケッチに行ったこともあったそうだ。

たまに私は、読んでいる漫画を差し出して、これ描いて!と、よくリクエストをした。描いてもらった絵は大事にファイルにしまっていた。

 

話はそれたけど、名前をつけてくれて有難う。中学生のころぐらいから話さなくなっちゃったけど、今、そういうふうに思えたことが良かった。

 

最終的な理想の生活は仕事帰りにフラッと花を買って、かわいい花瓶に挿して「かわいいから買ってきちゃった」なんて仕事から帰ってきた好きな人に、話すような女性になりたい。

 

今日は花柄のシャツを着て父が運転する車に揺られて過ごすゴールデンウィーク

無題

私はやっぱり面白いこと、好きなことがしたい人間なんだと思った。

それを知って、なんかすごいね。だとか、いいね!だとか、喜んでくれる人がいてくれると信じて、何かをしていたい。

それが、その人のなにかちょっとしたキッカケになったらいいなと思っている。

 

ここでしかできないこと、それによって誰かが幸せになってくれたらうれしい。

私にとってそれが一番大事なことなんだろうなと思う。

 

売上ももちろん大事だけど、そんなこと考えていたら楽しくなくなっちゃうや。

若いこと言ってるなと馬鹿にされるかもしれない。そんなことだけでは、まだまだだよと言われるかもしれない。

でも、いいよ。どうだっていい。

今の自分が感じるまま動きたい。

そのあと間違っていたなって思ったら、そこで反省すればいい。

赴くままに進みたい。

 

赴くままに生きていたい。

 

はらりと

はらりと花が舞い踊る

君の横顔 なぞる 風

 

秘密の花園

手のなるほうへ

花に挨拶をする

おはよう、今日もきれいだね

天気良くて良かったね

 

季節が変われば

今年もきれいに咲いてるね

また咲いてるところを見れて良かった

また来年ね

 

花が好きです