花の詩

こんにちは

春が顔出す

花の名前は知らない

こっちにおいでと花の香り誘われる

たくさんの花にも名前はある

花言葉の個性も魅せている

ただ咲く花は静かに揺れている