悲しいときは花を見よう

悲しいときは音を聞こう

悲しいときは光のやさしさに心を預けよう

 

あたたかな光に包まれて

君を思おう

春の日差しが冷たい隙間を縫う

 

悲しいときは光に身を任せよう

きっと明日がくるから